我輩は猫妖精である

『基本』の『†初めに』には目を通す事!
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 午後の燐光石の洞窟、洞窟内にて→貰い物 | main | ☆3〜5月の尽舞烙祈をどーん!(当て字が酷い) >>

午後のサンクポート、塩湖にて―Another―

0
    日記の続きの物語。

    ーーーーーー
    (その日の夜。ロビー的な場所で治療してもらった後の話)

    ううん…怪我を治すのに不純物を取り除くって事で、毛を剃ったけど…変な感じー。

    (ユングとマクナーリアに治療してもらった右腕。傷跡は残っているが、ゆっくりならば動かせるくらいにまで回復した。魔法様様である。 右手と左手を見比べながら、自室へと向かう。傍らには、怪我を心配して付きっきりの黒猫が居る)

    『ナー/普通の人間みたいな腕じゃないか。気に入らないのは…手は剃ってないからか?』

    (片腕だけ手袋をしているような見た目。猫少年はこくこく頷いた。フッ、と笑う黒猫)

    『ナーォ/心配しなくても大丈夫だ。お前怪我治るの早いだろ?そんな感じで毛も生え揃うさ』

    …そうだといいな。このままじゃ、ちょっと…いや、結構おかしな格好だもん。

    (扉を開ける猫少年。普段とは逆の手だが、両利きなので問題ない。先に黒猫を入れてから自分も入り、ベッドに腰掛け、枕元のリュックから自作の塗り薬と包帯を取り出す)

    …うう、染みる〜…。

    『ナォ/我慢しろ。怪我したのはお前なんだから』

    へいへい、分かってらー。

    (自作の薬を塗り終えれば、包帯を巻く。普段から怪我が絶えない故に、その動作は慣れたもの。一連の作業を終えたあとは、自然治癒能力の高い自分の体質に任せる。 明日の朝には、日常動作は難なくできるくらいにまで回復するだろうと、気持ちを前向きに持ちつつ、就寝)

    ーー
    (翌朝。自室)

    (怪我の具合を見るべく、包帯を外したのだが、猫少年は右腕を眺めて固まった。わなわなと震えてさえいる)

    ……怪我は…跡すら残ってないし、毛も生えた。………だけど…。

    『ナー/…治って良かった。まずはそう思え』

    (傷は跡が残らず綺麗に治っていた。腕の毛も綺麗に生え揃っていた。問題は、生えてきた毛が元々の毛色。つまり、猫妖精の誇りである青い毛色だったという事だ。理由は分からない。魔法の作用か、薬の刺激か、怪我の度合いだったのか…。思いつく限りの理由を探そうとして、分からず、困惑と動揺の色を滲ませる猫少年に、黒猫は言葉を投げる。数える程だが、黒猫も猫少年の青い毛色を見たことがある。理由も知っている。ぶっきらぼうだが、宥めようとしてくれているのに、猫少年も気付いた。深く、深く、深呼吸をして)

    …ん。そう、だね。ゴメン。ちょっと、落ち着く事に、する…。
    …久々になったから、ビックリ、しただけ。………こっちが本当なんだから、驚く方が、おかしいんだけど。

    (そっと青い毛並みを撫でる。表情は懐かしさの色を含んだ無表情。ふーっと長い長い息を吐いた後、右腕に新しい包帯を巻きつける。丁寧に、丁寧に。毛が飛び出さないように)

    『ナォ/ヨハネはヨハネだろ。毛色もすぐに白くなるんだ。あまり難しく考えなくていい』

    (ニンマリ、笑う黒猫。やんわりはにかむ猫少年。毛色が変色するまで長くても2日。早い時は半日もなかった。バレなければいいのだ。そう思うことにして、皆の集まるロビーへと足を運んだ)

    今日の朝ごはん何ー?
    あ、怪我ね、随分良くなったよ!ありがとね♪ 心配かけてごめんね!
     
    本が綴った裏話―inside story― | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | - |

      この記事に対するコメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      この記事に対するトラックバック
      PR
      RECENT COMMENTS
      RECENT TRACKBACK
      MOBILE
      qrcode
      PROFILE