我輩は猫妖精である

『基本』の『†初めに』には目を通す事!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    << ハディさん | main | 昼時のクローバー畑にて→貰い物 >>

    0
      今ある物を手放すのは酷く簡単な事。
      簡単だから忘れてしまうんだ。

      今ある物を守り通すのはとても大変な事。
      この事を。

      手放してしまう方がよっぽど楽だもんね。
      だから手放してしまうのかもね。

      奪われただけなら取り返す事もできる筈だよ。
      簡単な事じゃないかもしれないけど。
      取り返した物が少し違う物になってしまっていたとしても、取り返した事に変わりはないさ。

      変わったところは戻せばいい。
      戻せないなら自分も変わればいい。

      だけど、

      変わってしまったのは奪った人ばかりが悪い訳じゃない。
      奪われた人のせいでもある。
      自分で大切にしていれば奪われる事も、変わってしまう事もなかったんだから。

      罪を人に押し付けちゃ
      駄目。

      ああ、
      自分で手放した癖に、
      失った
      だなんて、喚き散らすのは話にならないね。

      大罪もいいところだよ。

      手放した物を取り返すのは、不可能。
      仮に手段があったとしても、
      手放してしまった物は必ず全く別の物になっている筈だよ。

      だって、そうでしょう?

      元が嫌で手放したんだから。
      返ってくる時は違う物にならなくちゃ。

      手放した物と全く同じ物は二度と拾わない。
      たとえ目の前にあったとしても
      考えようとさえ、見向きさえ、目に映そうとさえ、
      しないんだもの。

      失くした物を取り返すには相応の対価を払ってでも
      そんな風に考えて、やっとの思いで手にしても、


      一度手放した物は
      やっぱり捨ててしまうんだよ。



      そんな事にならないよう、
      今ある物を大切に。

      手放すのはいつだってできるんだから。
      赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        この記事に対するトラックバック
        PR
        SELECTED ENTRIES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE