我輩は猫妖精である

『基本』の『†初めに』には目を通す事!
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

オルゴールの紡ぐ母事

0
    巨人村「オルゴール」でヨハネ(達)の『お母さん』になった、巨人のプロフィール。


    〇ヨハネママ〇
    ・「ヨハネチャン」と呼ぶ。愛称(?)の「ヨハニャン(ヨハにゃん)」と被らないようにしているらしい。
    ・何事にも前向き思考。恐ろしいくらいポジティブ。
    ・動物好きなようで、ヨハネだけでなく、黒猫(ハディ)や銀雛(スコール)も一緒に可愛がってくれている。お陰で全員毛艶が最高。
    ・ヨハネの事は、よくお手伝いしてくれる、いい子だと思っている。外へよく出て行くので元気な子とも。ただ、怪我もよくするので心配もしている。
    ・ヨハネからのプレゼントの発光草を草輪にし、頭に飾っている。お気に入り。





    〜共通(本家より引用)〜

    ・お母さん巨人は
    三食美味しいご飯を作ってくれます。
    温かいお風呂と寝床を用意してくれます。
    門限さえ守れば村の中を自由に歩かせてくれます。
    怪我をして帰ってくれば治療してくれます。
    お遣いをしたり、ホームランを打てば褒めてくれます。等々。
    あくまで「お母さんごっこ」という遊びの上での行動ですが、ご飯もお風呂も全て本物です。
    もちろん養われているのですから全て無料です。

    ・教育方針は各巨人によってそれぞれ違いますが、基本的に優しくやや甘めなお母さんであることは共通です。
    赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    しわくちゃの紙

    0

      (元々はページの隅の文字。紙に書き直したもの。所々、日記には書かなかった事をここに。)


       今日、様子が見れて…良かった。
      場所も分からないような所に閉じ込められてるんだろうけど、こうやって色々な人とおしゃべりできる環境には居る。
      健康…かどうかは微妙だけど、弱ってたりもしてないみたい。

      本当に良かった…。


      …………俺の時みたいに黒い箱に入れられてたから…凄く、凄く不安だったから。
      もし、も、  、あ、。   、  ぅ
      ……駄目だ。文字に出そうとしても体が震えて…。…ああ、ああ。
      とにかく、俺とは勝手が違ったって分かっただけでも、充分、安心しなくちゃ…。


       心や気持ち、結局のところは…本人任せになるんだけど…。前向きに、手助けは、できるはず!
      暗闇に、居るときの気持ちは、よく分かる。から。
      負けないで。一人じゃないよ。

      俺に出来る事は、、、、。


      (何度かぐしゃぐしゃにした形跡がある。)

      赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      おもうもの

      0

        (日記からは省かれているが、こんな事があったらしい)



        (ヤサグレた顔でそう言って目を瞑ると……ガタガタと震え始めた。酷い想像力のせいで、頭の中のビジョンがとんでもな事になっているらしい)

        うわーーーー!!もうダメだ!おしまいだ!!寄ってたかって好き勝手に改造されるううう!名前もメカ太郎にされるんだ!目と口から魔導粒子ビーム砲発射!ロケットパンチ飛して遠くの敵にも物理攻撃!!飛んだ腕は爆弾機能付きで大爆発!!!代わりに生えてくる腕はマシンガン付きの刃物の腕!!!!足は水陸両用に変形可能なんだろ!?挙句、背中から生えたホバージェットで空に飛ばされて、最後は自爆ボタンで大爆発するんだあああ!!うわあああ!!どうしたらいいんだああーー!!

        (息継ぎなしで喋り倒し、両手を上に上げて\(ФpФ)/ポーズ。まだ春は遠いというのに…みたいな顔で道を歩く人々に見られている。
        「すまん。地雷を踏んだようだな」黒猫は冷静に謝った。「…で、お前はミスリルダストを何だと思っているんだ?」どうどう、と、宥めながら尋ねる黒猫)

        悪の組織。

        (落ち着いた猫少年が視線を落として黒猫を見遣ると、今度は黒猫が長いため息をついていた。「お前って奴は…」流石の黒猫もお手上げだとばかりに目を閉じ、頭を振った)

        …コワイ、コワイ、コワイ…

        (自分が幻獣であることをおして交渉するのだったら、想像内容のオーバーなところを抜きにしても、多少の改造はされるかもしれない。そう考えると怖くて、このやり方で交渉するのはやっぱり無理だな、と、呟く猫少年。少しは冷静になったらしい)



        (そんな(カオスな)裏話。)

        赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        0
          今ある物を手放すのは酷く簡単な事。
          簡単だから忘れてしまうんだ。

          今ある物を守り通すのはとても大変な事。
          この事を。

          手放してしまう方がよっぽど楽だもんね。
          だから手放してしまうのかもね。

          奪われただけなら取り返す事もできる筈だよ。
          簡単な事じゃないかもしれないけど。
          取り返した物が少し違う物になってしまっていたとしても、取り返した事に変わりはないさ。

          変わったところは戻せばいい。
          戻せないなら自分も変わればいい。

          だけど、

          変わってしまったのは奪った人ばかりが悪い訳じゃない。
          奪われた人のせいでもある。
          自分で大切にしていれば奪われる事も、変わってしまう事もなかったんだから。

          罪を人に押し付けちゃ
          駄目。

          ああ、
          自分で手放した癖に、
          失った
          だなんて、喚き散らすのは話にならないね。

          大罪もいいところだよ。

          手放した物を取り返すのは、不可能。
          仮に手段があったとしても、
          手放してしまった物は必ず全く別の物になっている筈だよ。

          だって、そうでしょう?

          元が嫌で手放したんだから。
          返ってくる時は違う物にならなくちゃ。

          手放した物と全く同じ物は二度と拾わない。
          たとえ目の前にあったとしても
          考えようとさえ、見向きさえ、目に映そうとさえ、
          しないんだもの。

          失くした物を取り返すには相応の対価を払ってでも
          そんな風に考えて、やっとの思いで手にしても、


          一度手放した物は
          やっぱり捨ててしまうんだよ。



          そんな事にならないよう、
          今ある物を大切に。

          手放すのはいつだってできるんだから。
          続きを読む >>
          赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          10月12日‐小さな贈り物の日(Petit gift day)in 2012 の用意したプレゼント

          0
             《外装》
            ミルク色の小箱にオレンジのラッピングリボン

            《中身》
            艶やかな、赤、青、黄のミニバラが飾られた手製ブローチ。
            子供の手のひらより少し小さな大きさで、枯れない魔法を妖精さんに掛けてもらったプレゼント。


            ミニバラはヨハネが育てたもの。花言葉は『俺は君が大好き』らしい。



            薔薇の花言葉を調べたら、「愛」「美」「内気な恥ずかしさ」「輝かしい」「愛嬌」「新鮮」「斬新」「私はあなたを愛する」「あなたのすべてはかわいらしい」「愛情」「気まぐれな美しさ」「無邪気」「爽やか」って出てきたので、じゃあ『俺は君が大好き』でいいかな、的な考えです←
            (ミニバラは「無意識の美」なのですが、気にしない←)
            色別だと、
            赤「愛情」「模範」「貞節」「情熱」
            青「神の祝福」「奇跡」「夢 かなう」
            黄「嫉妬」「不貞」

            ibに影響された結果+思い切り=今回のプレゼント
            赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            目指すはカッコイイ冒険者!

            0
              身体能力は悪くないと思うし、足が早いのはちょっとした自慢だ。
              まあ、ちょっと、力負けしちゃうのは…ネックなんだけど。

              魔術を覚えたのは、初めて見た時に感動したから。
              今ではちゃんと使えるようにまで、習得できたんだ。
              俺がエルフだったら並大抵の人には負けなかっただろうなー。

              つまりは器用貧乏というか、能力がそぐわないというか。
              でも、誰にも負けないよって気持ちはあるから、いつか立派なシーフになってやるんだ!
              赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              ちぎった紙

              0
                知らない人について行ってはいけないと、遠くも近くもない昔にお母さんに言われたけれど、

                ついて行かないと分からない事もあると、この街に来て教わった。


                知らない場所には行ってはいけないと、遠くも近くもない昔にお父さんに言われたけれど、

                行かなければ分からない事もあると、この街に来て教わった。


                世の中には知らなければならない事が沢山あると、遠くも近くもない昔に親は言ったけれど、

                知らない方が良い事も沢山あると、この街に教わった。



                自分が行動した事に責任を持たなければならないと、友達は教えてくれた。

                俺が結局やれるのは、それらを全て忘れずにいる事だ。



                良い子、悪い子…猫妖精の子。
                教わるのと覚えるのは別物だと改めて思う。

                赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                少しシワのある紙

                0
                  亜人狩りが始まって、『探し物』を探し難くなってきた。

                  たぶん用心してるからなんだろうけど…このままじゃ、俺、……。
                  焦っても仕方ない。見つからない時は探しても見つからないんだから…。



                  今、心配しなきゃいけないのは、亜人狩りに便乗して『青色の本』を手に入れようとする奴を出さない事。
                  他の街まで持ってかれたら、検討もつかないからな。


                  今は亜人狩りに気を取られ勝ちだけど…本来の目的を果たさなきゃ。

                  赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                  新しい装備

                  0
                    魔法は遠距離攻撃できるけど、疲れちゃうし弱っちぃ。

                    遠距離攻撃は躱すか、距離を詰める事でカバーできなくもない。けど、詰めるまでに当たっちゃう。

                    攻撃レパートリーもいうほどない。


                    …新しい武器を…考えるべきだよねー。
                    そろそろ。

                    装備積むと動き鈍くなるからあんまり持ち歩けないだろうなぁ。
                    逃げ足一番。

                    色々考えてみて、投げナイフはどうか、なんて思いついた!
                    刃に毒とか塗ったら攻撃にも幅ができそうだし、遠距離攻撃もできるし、良いかも!

                    相性みながら変えていっても良いしね、とりあえずは投げナイフを装備しておこうかな♪

                    (白い紙に、書かれたメモ書き)
                    赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                    よれた紙

                    0
                      ペティットの表へはもう行かないでおこう。

                      …誰かを嫌いになったとか、全然そういう事じゃなくて!
                      むしろ逆だよ!?皆大好きだよっ!

                      ………えーと、なんて言ったらいいのか俺には分からないけど…。
                      簡単に言うと、『危ない』っていう部類に入る事かな。


                      最近はあまり仮眠の余裕も無くなってきた。
                      油断してると『危ない』んだ。

                      これを書いてるのも歩きながら。
                      つまりは、そういう事。

                      『危ない』


                      巻き込むのはもっと『危ない』。
                      俺が近付かなければ大丈夫だと思う。だから表には行かない。

                      裏は、行く。
                      そうしないと探せないから。
                      迷惑に、ならないと良いけど…無理だろうな。



                      そういえば、俺も『危ない』って言われた事あったんだった。

                      俺も『危ない』。

                      破るつもりでした訳じゃないけど、約束、守れるのかな。
                      …自信なくなってきちゃった…。




                      (よれた紙には文字)
                      赤茶けた魔法の本に挟んだメモ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      PR
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE